奥様を日本へ呼ぶ

【1】日本に戻り、日本での入籍手続きをします。

まずは、あなたの地元の市区町村役場で婚姻手続を済ませます。
これにより、あなたの戸籍に奥様が登録されることとなります。

【2】法務省入国管理局にて、奥様の日本滞在申請をします。

入国管理局にて、奥様の在留資格認定の申請をします。
入国管理局の審査が終わるまで2〜3ヶ月ほどかかります。
帰国後、速やかに各種手続を済ませていただければ、その3〜6か月後には奥様が来日できるようになります。

【3】奥様のパスポート・ビザを取得し、航空券を入手します。

奥様のパスポート・ビザを申請する書類を揃えます。
戸籍謄本2通(もちろん入籍を済ませたもの)、上記 「2」 で準備した在留資格認定証明とそのコピー1通を用意し、中国へ送ります。
中国での申請後、2〜3週間でパスポート・ビザが取得できます。
その後、日本への航空券の購入となります。


◆◆◆ 在留資格認定の申請 ◆◆◆

●在留資格認定証明書交付申請書
●身元保証書(夫が妻の保証をする形になります)
●質問書(結婚の経緯など)
●家族の一覧表
●理由書(大まかには結婚した理由です)
●申請人(奥さん)の証明用写真2枚。
●夫の戸籍謄本(婚姻の記載済のもの)
●夫の世帯全員の住民票
●在職証明書
●会社経歴書(会社案内で代用可)
●課税・納税証明書
●結婚写真2〜3枚。奥様とのプライベートスナップ写真2〜3枚。
●奥様の出生公証書と翻訳文
●結婚公証書と翻訳文
●結婚証(赤い手帳)のコピーと翻訳文
●パスポート及び中国への出入国スタンプ、ビザのページのコピー
●430円切手を貼った返信用封筒