自転車はゴミとして出さずに廃品無料回収だとお金がかからない

スポンサーリンク

無料回収を利用してゴミ処理費用を削減

ゴミを出すにはお金がかかります。自治体のゴミ袋やごみ処理シールなどを購入してゴミを出します。

しかし、自転車、ストーブ、フライパンなどは無料回収で回収してくれる業者もあります。

例えば自転車の費用は自治体によりますので一律ではありませんが、最低でも200円~発生するようですね。今回は自転車の無料回収を実際に利用したことについて載せていきます。

スポンサーリンク

自転車をお金にするのは難しい?

我が家では自転車を一、二年で乗り換えています。ほぼ毎日使用するものですので使用しているうちに錆びてきて無料回収で自転車を二台家の前に出しておきました。ひどく錆びているというわけではないのですが、音がするようになってペダルが重くなってくると新しい自転車に買い替えます。

以前は自転車を買い取ってくれる業者がありました。もちろんボロボロでなければ中古ショップで買取は可能です。しかし、ボロボロの自転車を買い取ってくれることはなかなかありません。鉄屑を扱っている業者で買取価格は確か数百円だったと思います。それでも本来は払わなければいけないお金を貰えるということで大きな意味がありました。

しかし、その業者ももう無くなってしまったようで今回は無料回収を利用しました。無料回収では鉄屑にしたり、比較的綺麗なものだったら修理したり部品取りが目的だったりするようです。

無料回収に出す方法

業者によって異なるとは思いますが、チラシを目立つところに貼って玄関先に出しておくというが多いのではないでしょうか?

無料回収に出すときは引き取り対象のものなのかどうかを調べましょう。

サドルだけだと回収してもらえない

先日、こんなことがありました。自転車二台と一緒に先にダメになったサドルをカゴに入れて廃品回収に出したのです。

このサドルです。

ボロボロでテープでとめてあります。

自転車の部品の一部だけについては回収可能かわかりませんでしたので、自転車本体も二台出しているのだし大丈夫かな?と思って出しました。ダメだったら置いていくだろうしと軽い気持ちで出したのですが、その日は何も残っておらず回収されたようです。

後日戻ってきたサドル

しかし、それから二日後。

まさかのサドルだけ返ってきました。敷地の端っこにポツンとサドルだけ置いてあったのです。

「もしかしたら最初からあった??持って行かなかった??」とも思ったのですが、家族に聞いてみても回収翌日はなかったようですので後日戻ってきたようなのです。

まさかの展開ですね。戻すためにわざわざ来るガソリン代の方がかかる気がしますので真実は謎のままです。

しかし、これで自転車の一部だけは回収されないということがわかりました。鉄がついていても大半はプラスチック?だからでしょうか。

以上のことから無料廃品回収であっても部品は回収されないことがあるようですね。