カーテンをうまく活用し電気代の節約

スポンサーリンク

カーテンをうまく活用する

部屋の窓についているカーテン

うまく利用する事が電気代を節約する事が出来ます。

スポンサーリンク

太陽光を活用し電気代を節約

日が長くなるようになって、日中なら夕方まで照明をつけなくても生活できるようになりました。パソコン作業をしていると照明が必要なこともありますが、日常生活では日光だけで十分で電気まではそれほど必要ありません。

雨や曇りの日はカーテンをあけるだけでは暗かったりして厄介です。雨の日、カーテンをあけて電気をつけてしまうと家の中が丸見えになってしまいます。そういうときはミラーレースカーテンなら中が見えにくくていいんです。陽の光があればまだ照明をすべてつけなくても明るくて生活しやすくなります。

真夏はカーテンを閉めてクーラー代を節減

真夏は逆で、カーテンをあけることで家の中が暑くなりエアコン代がかかるようになります。日差しがさしこむ部屋はすごく暑いですよね。

クーラーの気温も低く設定しないと暑くてたまりません。

照明をつけずに電気代が節約になっても、クーラーの電気代のほうがあきらかに高くつきます。

夏になったらカーテンをしめて照明をつけて生活したほうが電気代は安くなりそうです。

電気代
スポンサーリンク
シェアする
karenをフォローする
日々の細かな節約努力で家計改善!

コメント