野菜や果物を使った3種のスムージー

スポンサーリンク

野菜や果物を使った3種のスムージー

今回は色んな種類の野菜や果物を使って、3種類のスムージーを作ってみたいと思います。

スポンサーリンク

カボチャとリンゴのスムージー

まずは、ニンジン、カボチャ、リンゴを使います。

適度なサイズにカット

ミキサーで粉砕!

出来上がりはこちら

ニンジン、リンゴは生でもいけますが、カボチャを熱を通さないと固く食べられません。

今回はレンジでチンしてから使いましたが、それでも固かったので、棒などでしっかりと潰したり、煮込んでから使うといったやり方も良いかもしれません。

 

ほうれん草とバナナのスムージー

続いて、ほうれん草、バナナ、タマネギ、キウイ

カット

タマネギは生のまま使います。

ほうれん草は茹でても良いですが、今回はゆでた際にお湯に出る汁も入れ込みたかったので、レンジでチンすることに。

そしてミキサーに

出来上がりの写真は忘れてしまいましたが、ほうれん草の緑がメインの色合いとなります。

苺とキウイのスムージー

ラストはこちら

イチゴ、キウイ、キャベツ

カット

そしてミキサーに

出来上がり

ミキサーにかける時は水でも良いのですが、高齢者はたんぱく質が足りなくなるケースが多いので、牛乳や豆乳を用いる事にしています。

牛乳の方がカルシウムなども豊富なので、そちらをメインにブレンドして使ったりもしています。

また、甘みに関しては、水飴やハチミツなどを使っても良いですが、今回はフルーツの甘みのみとしています。

理由としては、私がこのスムージーを食べさせる相手は、祖父母と父の3人で、祖母は嚥下障害からくる栄養失調、誤嚥性肺炎、父は糖尿病と心不全の合併症という事もあり、糖分の入れ方を使い分ける必要があるからです。

たくさんの栄養を摂取しなければいけない祖母と、カロリーコントロールしなければいけない父の両方に対応させる為、基本をフルーツの甘みのみとしておき、祖母にはハチミツを多めに加え、甘く仕上げる様にしています。

たくさん食べられない祖母は、たっぷりの甘みなどで魅力的な味にしておかないと、すぐに「もういらない」といって食べるのをやめてしまいます。

そこを甘さたっぷりにする事で、「もっと食べたい」と言う様に仕向けています。

父、祖父はしっかりと飲み込めるのですが、祖母は飲み込みが怪しいので、誤嚥性肺炎対策として、トロみを加えています。

一旦冷凍で保存しつつ、解凍時に、レンジで熱くなるまで温め、米粉や片栗粉を加える様にしています。

片栗粉はダマになりやすく、米粉はザラつきが気になったりと、一長一短ありますが、かたまりが出来ると飲み込めないケースが多いので、現在は米粉を使っています。

片栗粉は鍋などで作る料理で、調節しながら加える分には良いですが、レンジでアバウトに温めると、ダマになりやすいので不向きなのかなと感じています。

この様に、何度も試す中で、色々とコツがつかめてきました。

最近では、「凄くおいしい! もっと欲しい」と言われることが多くなってきました。

コメント