季節の終わりに服をお得価格で購入

スポンサーリンク

服を購入するタイミングで節約をする

節約には服を購入するタイミングが重要です。

今回は節約生活をする上で、どんなタイミングで服を購入すれば良いかを考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

季節のはじめに服を買う

まず、一般的な服を購入するタイミングとしては「季節のはじめ」です。

これから訪れる季節の服を買う事で、すぐに買った服を着れ、また、1シーズン丸々と使用する事が出来ます。

また、デザイン的にも、その年の流行に合わせたものなどを着る事が出来ます。

季節の途中に買う

季節の半ばになってくると、残り期間も少なくなり、また、多くの人がシーズンの初めに既に服を購入している事から、お店ではセールを始める様になってきます。

数十パーセント引きで購入する事が出来、また、季節の残りの期間、その服を有効活用する事が出来るのでお勧めです。

冬物などは、年末、お正月などにセールをやるお店が多いので、そちらも狙い目です。

季節の終わりに買う

そして、一番お得価格で購入出来るのは「季節の終わり」です。

季節の終わり頃になると、お店も在庫を残したくなく、また、売れ残ってしまうと、翌年のシーズンには型落ちしてしまい、売れなくなってしまいます。
そうした事を避ける為、大幅な割引をするケースも多々あります。

そうした服を購入し、取っておき翌シーズンから使用するという手法を使う事で、長い目で見てお金を大きく節約する事が出来ます。

ただ、そうした手法にはデメリットがいくつかあります。

デメリットとしては、
・服を購入してもすぐに着れない
・翌シーズンになる頃には、デザイン的に古くなる事がある
・売れ残りの服は気に入った物のサイズが売り切れになっている事がある
・1年保管する事で若干劣化してしまう

などが挙げられます。

こうしたデメリットを出来るだけ緩和する為

・流行りの品や奇抜なデザインを避ける
・サイズが無い場合はお店の人に聞くと、他店から取り寄せてくれる事もある
・直射日光が当たったり、ジメジメした場所には保管しない

といった事が重要になります。

まとめ

節約生活をする上で重要な衣料品購入費の削減は重要です。

今回は、季節ごとに応じた購入タイミングによるメリット、デメリットについてご紹介しました。

賢い買い物をする事で、お財布に優しく、かつ、より充実した生活を送りましょう!