冬の暖房代の節約術

スポンサーリンク

寒い冬には暖房が必須

寒い冬にとても重要なのが「暖房」です。

節約をしていく上で暖房代の節約は必須です。

今回はそんな暖房代の節約について書いていこうと思います。

 

スポンサーリンク

暖房にも色んなスタイルがある

ひとくちに暖房といっても、色々なスタイルがあります。

・全館空調
・床暖房
・石油ストープ
・ガスストープ
・セラミックヒーター
・オイルヒーター
・こたつ
・電気じゅうたん

等、色々なタイプがあり、他にも様々なスタイルの暖房があります。

全館空調、床暖房等については、住宅を建てる際、または大掛かりなリフォーム等が必要があります。

今回は後付け機器を使用する場合の節約について記載していこうと思います。

設定温度を高くし過ぎない

暖房の設定温度を高くすると、部屋は暖かくなりますが、温度を高くすると当然暖房代が上がってしまいます。

そこで、設定温度を程よいレベルで留める事が重要となります。

その為に色んな工夫をしていきましょう。

衣服で調節する

薄着をしていると寒く感じる為、設定温度を高くしがちです。

セーター・カーディガン、靴下、ひざかけ等を活用する事で、体が温かくなり、低めの設定温度でも十分快適に過ごせるようになります。

窓からの冷気をカーテンでシャットアウト!

窓につけるカーテンを厚手のものにする事で、外からの冷気を防ぐことが出来ます。

窓と同じに長さや短いものではなく、長めでしっかりと下まで覆う事が出来るものを選ぶと高い効果を得る事が出来ます。

また、窓に断熱シートを貼ったりするのも効果的です。

エアコンは自動運転がお勧め

エアコンは弱運転にするよりも、自動運転にした方が、結果的に電気代を低く抑える事が出来ます。

最初の寒いときに温度を上げる際に一番電気代がかかるので、そこを一気に上げてしまった方が良いからです。

フィルター掃除

エアコン、ストーブ等は、長時間使用していると徐々にフィルターにほこりがたまってしまいます。

フィルターが汚れると、効率が悪くなり、無駄に電気代がかかってしまいます。

定期的にフィルターを掃除する様にしましょう。

まとめ

暖房代を節約するには、設定温度を低めに抑えたり、暖房効率を良くする事がポイントです。

その為に、服を着こみ温かくしたり、また、フィルター掃除、自動運転などを心がけていきましょう。

他にも、細かな注意点は色々とあります。

色々な事に気を配り、暖房代をうまく節約していきましょう!

冷暖房
スポンサーリンク
シェアする
karenをフォローする
日々の細かな節約努力で家計改善!