ハンディファンの意外な使い道

スポンサーリンク

便利なハンディファン

いまやハンディファンはいろんなお店で買えるものになっています。100円ショップにも300円~置いてあるハンディファン。USB充電でクリップもついているのもあり便利そう。

先日、購入したマクドナルドのポテトハンディファン。子供に渡すと大喜びでスイッチをつけて「涼しい」と涼んでいたのですが、涼む以外にも違う使い道があったのです。

スポンサーリンク

ハンディファンは冷ますのに使える

子供はよく「熱くて食べれない!!」と言ってくるのですが、ここでハンディファンが役に立ちました。ハンディファンをあててご飯を冷ますのです。いつもは早く食べたくて不機嫌になる子供ですが、ハンディファンで冷ますことで少し楽しいという気持ちを持ったのか、機嫌よく食べていました。

親としても「フーフーして!!」と一口一口で呼んでくると面倒で「自分でしなさい!!」と怒ってしまったりしてしまうので、ハンディファンでそれが減ると助かります。

扇風機で枝豆を冷ます

「ハンディファンでご飯を冷ます」というのは「扇風機で枝豆を冷ます」のと同じようなことです。枝豆は茹でた後早く冷ますことで味がよく、色もよいとされています。うちわであおいで冷ますこともできますが、扇風機の風を当てる方が手間が省けます。

涼しいだけでなく、子供にとってはおもちゃ感覚もあり、冷ますというのに使えるなると便利ですね。

子育て
スポンサーリンク
シェアする
karenをフォローする
日々の細かな節約努力で家計改善!