パストリーゼ77の一斗缶を無駄なく移し替える

スポンサーリンク

一斗缶は面倒?それでもお値段的にはやっぱりお得

新型コロナウイルスで品薄だったパストリーゼ77。最近はドーバー公式サイトで一斗缶が買いやすくなりました。発売開始してから30分くらい在庫があることもあるようです。

我が家もついにパストリーゼの一斗缶を購入しました。

念願の一斗缶嬉しいですね。これだけあれば半年くらいは持つかな?親戚に分けてもいいし、パストリーゼがあることで気持ちに余裕が生まれました。

一斗缶を別の容器に移し替えるのには灯油ポンプを使っている方が多いです。注ぎ口も売っているようですが・・・・一斗缶は重い!!15キロもあるのです。日頃トレーニングをしている体格のよい方であれば15キロ持てるかもしれませんが、普通の方はちょっと動かすのでも精いっぱい。持ち上げて少し傾けて他の容器に注ぐというのは至難の業。手が滑ってガシャーンって落としてしまったら大変。

そこで一斗缶から無駄なく移し替える方法を紹介します。

スポンサーリンク

パストリーゼの5Lのボトルに移し替える

一番良いのが一斗缶からパストリーゼの5リットルに移し替えるという方法です。

パストリーゼの5L容器には注ぎ口がついてきます。少し重たいですが、注ぎ口があれば移し替えが簡単ですね。

私は他のアルコールが入っていた大きめのアルコール用ボトルがあるので、そこに移し替えてから使っています。本当はパストリーゼの5Lボトルが良いのでしょうけど、手に入らないので・・・

スプレーボトルに詰め替えるには漏斗(ろうと)が必要

スプレーボトルに詰め替えるときにはろうとじょうごとも言います)があるほうが、こぼしにくくなります。特に携帯用の小さなアルコールスプレーボトルのようなものは口も小さいので漏斗があると少しズレてしまってもこぼれません。できれば注ぐ人漏斗とボトルを抑える人、2人で手分けをして作業したほうが安全です。

灯油ポンプを使う回数は少ないほうがいい

今回、初めてパストリーゼの一斗缶を注文したのでその扱いにとまどい灯油ポンプから容器に移すのに少しこぼしてしまいました。一斗缶から移し替えるときに使用した灯油ポンプにもパストリーゼは付きますし、道具を使って詰め替えるときは一気に移し替えたほうが無駄が省けます。

ですので、なるべく灯油ポンプを使う回数は少ない方が良いと思います。5Lボトルのようなものにいったん詰め替えることによって灯油ポンプについたパストリーゼがポタポタ垂れたり、ポンプをさしたり抜いたりするときにバシャっとこぼしてしまって「勿体ない!」なんてことも少なくなりますからね。

まとめ

私のようにコロナ禍で初めてパストリーゼの一斗缶を購入した人も少なくありません。アルコールは火気厳禁。一斗缶の取り扱いには注意が必要です。

パストリーゼを使い続けるのに詰め替え用ボトルを買い続けるという方法もありますが、今は容器が不足していることから、ドーバー公式サイトでは一斗缶の方が手に入りやすくなっています。さらに価格も小さいサイズより割安でお買い得。そんなパストリーゼ77の一斗缶を購入したら詰め替えるときには注意を払いながら無駄にしないようにしましょう。

 

コメント