増税後は外食をせずなるべく家で食べよう

スポンサーリンク

外食費を見直す

 

2019年10月1日から消費税率が10%に引き上げられます。今より2%上がるというのは家計全体でみると大きな出費になりますね。しかし、酒以外の飲食料品は軽減税率で8%のまま据え置かれるので一安心している方も多いのではないでしょうか?気を付けたいのは、テイクアウト、出前の消費税は8%のままですが、外食の消費税は10%になるというところです。

食費というのは家計の中では大きい存在です。自炊をするのが一番節約になりますが、たまにはいつもと違ったものを食べたくなるものです。外食をすると、人が作ってくれた美味しいものを食べれて、いつもと違った場所で食事をすることで気分転換にもなり、楽しいひと時を過ごせる一方で、家で食事をするよりもお金がかかります。増税により、家で食べる費用と比べてさらに金額に差が出ますね。

外食以外で食事をラクして節約する方法を紹介します。

スポンサーリンク

スーパーでお弁当を購入して家で食べる

スーパーのお弁当や総菜の消費税率は8%です。

「家で料理を作る時間がない」「ラクしたいから出来合いのものを食べたい」のであれば、スーパーで買ってきて家で食べるのが良いでしょう。

家で食べると後片付けという手間はかかってしまいますが、お弁当なら容器に入れたまま食べれるので、容器を軽くサッと流す程度に洗うだけでいいので、お皿を一枚一枚洗うのよりは時間も水道代もかかりません。

出前をとったり、テイクアウトする

ケータリングは外食と同じ扱いで消費税は10%になります。出前をとったり、自分で店に行ってテイクアウトしてしまえば消費税は8%ですので、飲食する場所にこだわりがなく、家で自分でテーブルの上に並べて食べるので良いのであれば出前やテイクアウトしたほうが安上がりです。

さらにテイクアウトすると、価格が安くなったり、次回利用できる割引券をくれるところもあったりと、出前をしない代わりのサービス提供を受けられるお店もあります。他のサービスもあるなら、できるだけテイクアウトして家で食べたほうがお得ですね。

レトルト食品を活用する

レトルト食品を常備しておけば、いつでもすぐに簡単にご飯の用意ができますね。チンするだけの冷凍ピザ、パスタ、海老ピラフなどもあり、温めるだけですぐに食べれるものも増えてきています。

冷凍弁当宅配を利用する

冷凍弁当宅配なら、帰りにスーパーに寄ることもせずに家に直行して、すぐにレンジで温めて美味しい夕食を食べることができます。

鍵付きの安心BOXを玄関前に置いておくと、宅配の受取もしなくて済みます。栄養バランスの整ったメニューなので健康が気になる方に良いですね。

 

冷凍宅配はこちらから



まとめ

外食すると、ご飯代だけでなく別に飲み物代が必要になり、ドリンク一杯が500円することもあります。500円というとコンビニやスーパーのお弁当なら十分買えるくらいの金額ですね。
たまの贅沢の外食。なるべく控えて家でご飯を食べるようにしましょう。

コメント